受講生の皆様から実際にいただいた質問とその回答をご紹介致します。

皆様の業務にお役立てください。

カテゴリー別 Q&A

最新の質問と回答事例

 戸籍についてご不明なようですが、講義と資料以外には説明の方法がありません。
 遺言執行は高度な業務と考えてください。
 遺言原案作成時から2名…
 私の場合は自治会と協議、打診はしないで遺言を作成しました。仮に自治会が遺贈を辞…
 例示している執行報酬額は執行者の人数に関係ありません。
 業務1…
 共同で執行にあたる遺言執行者は行政書士が最適です。
それも、当然…
 自筆証書遺言業務は受任しないことが原則です。 
 事情があって公…
 原則、遺言原案作成の段階から共同業務をおすすめします。
 遺言原…
 推定相続人が複数いるにもかかわらず、1名のみへ相続させたい、という遺言者はいる…
 相続での不動産の共有は避けるべきと考えます。
したがって、Aは不…
 遺言原案に遺言者の意思であることを記載しますので、委任状は使用していません。ま…

2017/01/25

 寒波に包まれている日本列島ですが、合格された皆さ ...>>続きを読む



株式会社法務研修館

【所在地】
〒330-0803
埼玉県さいたま市大宮区高鼻町1-36-1-2F
【電話番号: フリーダイヤル】 0120-54-4153(携帯・PHS対応可)
(受付時間) 平日 10:00 - 18:00