「相続」を制するものが行政書士を制す!
  

トピック

3月生、残り3名となりました。(2017年2月17日)

黒田塾20期(3月生)は残り3名となりました。

19日(日)の伊藤塾合格祝賀会に黒田、小島が来賓として参加いたします。
もし見かけたらお声をかけてください。

相続実務講座6回(前半)を発送いたしました。(2017年2月7日)

(1)昨日、相続実務講座6回前半(ゆうちょ銀行調査)を発送いたしました。ご確認よろしくお願いいたします。今月中には後半(証券会社調査)をお送りいたします。

(2)継続会員の皆さん、1年間おつかれさまでした。12件の相談事例と黒田先生の回答例が今後の先生方の業務受任へと繋がることを祈っております。

(3)本日は20期生の講座説明会です。参加予定の皆さん、お会いできることを楽しみにしております。まだ席に余裕もございますので、予約なしの方も遠慮なくお越しください。 

黒田塾20期生、申し込みを開始しました。(2017年1月26日)

平成29年「相続実務完成講座」(黒田塾20期)の申し込みを開始しました。
定員は3月生15名、4月生15名となっております。
本気で行政書士として生活して行く覚悟のある方の受講をお待ちしております。
一緒にがんばりましょう!

平成29年度・講座説明会

平成29年度 黒田塾講座案内

① 相続専門29年の経験を基に作成された教材

全22回の講義で「遺言業務」「相続業務」「営業方法」「報酬の考え方」を完全
マスターし、相続業務のプロフェッショナルを養成いたします。

 

② 驚異の廃業率2%(開業率は99%)

黒田塾修了生の廃業率は2%未満です。受講生のほぼ全員の方が独立開業し、
その後もほとんどの方が事務所を維持、継続しています。

受講生の声

③ 家庭裁判所調停委員8名輩出(男性3名・女性5名)

黒田塾のコンセプトは紛争防止です。この精神を行政書士業務のほかに活かせるのが家裁調停委員です。行政書士として実績を重ね、行政書士兼調停委員としてご活躍されることを期待します。



☆平成29年春・募集講座(黒田塾20期)

①講座名
  相続実務完成講座(全22回)
  インターネット講義(視聴期限はありません)
  修了後「相続法務指導員」として認定します。    
②内 容
  遺言実務講座と相続実務講座を合わせた講座です。
  スクーリング2回(東京)
  課題3問添削付き(営業・遺言・相続)
  質問は10問まで無料。
③定 員
   3月1日受講開始 15名
   4月1日受講開始 15名
  ※受講期間(質問受付期間)は6ヶ月。
④受講料
   298,000円(税込一括払い)
  ※事務手数料2,000円プラスして月謝制にするこ とも可能です。
  5万円 × 6ヶ月=300,000円

申し込みはこちら

☆ 講座説明会(開業相談会)開催

2月28日(火)午後2:30~4:30

①行政書士として開業し事務所を軌道に乗せるには、具体的に何をどのようにしたら
良いのかを具体的にわかりやすく黒田塾長が講義いたします。
(使用教材)「トラも欲しがる? 行政書士開業トラの巻き」
        「夢を実現する!本物の行政書士とは?」

②講義内容とは直接関係のない不安や疑問にもお答えいたします。

③参加特典として下記書籍をプレゼントします。
『一生ものの資格-19人の行政書士の輝く姿(日本評論社)』

会 場 : フォーラムエイト 503会議室
      東京都渋谷区道玄坂2-10-7 新大宗ビル5階
      target="_blank">http://www.forum-8.co.jp/access/   

定 員 : 10名(予約優先)
      5時より懇親会あり(自由参加・無料)

申し込みはこちら

☆ 個別面談(開業相談)/1人=2時間(午後2:30)

黒田塾入塾の有無は問いません。
開業を迷っている、絶対成功したい、・・・等々
(下記より希望日を数日ご連絡ください)

【3月】
14日(火)、15日(水)
※土・日希望の方はご相談ください。

場 所 : 行政書士法人 相続まちかど相談室
      埼玉県さいたま市大宮区高鼻町1-36-1
      第一大矢部ビル2階 (大宮駅徒歩9分)
      http://matikado.net/accessmap/

☆ 開業に役立つ小冊子を送付いたします。

「夢を実現する!本物の行政書士とは?」

  この小冊子は、(株)法学館/伊藤塾で行なわれた講演会の記録を要約し、加筆、修正したものです。
 行政書士をめざす方、試験に合格された方、また、すでに新人行政書士となられた方―さまざまな方を対象に話す場合はなかなか困難な面があります。
  そこで、今までの経過のあらましと、どのような姿勢で業務を行なっているかを具体的にお話ししたわけです。
  私の話の中心は、いつも「報酬と営業」に終始してしまいます。ですから、一部の方々からは常に批判されています。
  しかし、私どもは聖職者でもなく、ボランティアやNPOでもありません。確固とした自営業者なのです。その経営者という意識なくしては事務所の維持も生活も成り立ちません。
  私も初心者のころから様々な講演会、研修会へ参加しました。残念なことに「報酬と営業」の話は、どなたもされませんでした。独自に積み上げるしかなかったのです。
  泥くさい話かもしれませんが、事務所を持てば必ず直面する問題なので、泥(?)をかぶる覚悟でお話ししました。
  講演そのものではないので、どこまでお伝えできるかわかりませんが、先生方に一ヶ所でも納得していただければうれしい限りです。
  これからは「法務行政書士」の時代です。特に、若くして行政書士になられた方々は目標としていただきたい。
  人生経験豊かな方々は、その体験を法務分野へ活かしていただきたい。
  ご一緒に新しい行政書士業界を作ろうではありませんか!(まえがきより)


受講生の声


2017/01/25

 寒波に包まれている日本列島ですが、合格された皆さ ...>>続きを読む



株式会社法務研修館

【所在地】
〒330-0803
埼玉県さいたま市大宮区高鼻町1-36-1-2F
【電話番号: フリーダイヤル】 0120-54-4153(携帯・PHS対応可)
(受付時間) 平日 10:00 - 18:00