受講生の皆様から実際にいただいた質問とその回答をご紹介致します。

皆様の業務にお役立てください。

カテゴリー別 Q&A

最新の質問と回答事例

 自筆証書遺言であっても調査を依頼され、さらに遺言原案の作成も要請された場合は上…
 本来であれば、2ヶ所の事務所からそれぞれの金額を記載した領収書を依頼者へ渡すべ…
 遺言で遺言執行者に指定されているときは、相続人の委任状は不要です。この場合は遺…
 報酬は一定額や一定割合(%)がよいと考えます。
 相談を受けても…
 遺言原案は通常A4用紙に横書きで作成します。
 1回目の打ち合わ…
 まず、「自筆証書遺言」業務はできるだけ避ける、ということを基本としてください。…
 私も最初は相続業務の他に会社設立、許認可、会計記帳を行っていました。
 私どもは消費税込みとして請求しています。「消費税」の欄は「内税」と記入します。…
1推定相続人・受遺者調査
(1)行政書士が業務として遺言原案作成を…
 法定相続人調査は第1順位の相続人を調査すればよいのです。第2、第3順位の相続人…



株式会社法務研修館

【所在地】
〒330-0803
埼玉県さいたま市大宮区高鼻町1-36-1-2F
【電話番号: フリーダイヤル】 0120-54-4153(携帯・PHS対応可)
(受付時間) 平日 10:00 - 18:00